• sudashuji

Kyoto

更新日:2019年6月15日

私が建築を始めたのがここ京都。

Facebookで私の開業を知り、京都から須田事務所にお祝いが届きました!!!

㈲MIKATA様からです。(http://mikata-corp.jp/index.html)

あてもなく、身寄りもなく、お金もなく、京都市中京区烏丸三条に引っ越してまず、ガテン系アルバイト情報誌で出会ったのが「㈲Blue on Green」。現在は「㈲MIKATA」として京都と沖縄に拠点を持ち建設×運送×ドローン等ユニークな事業を展開されている会社です。

ここで建築を始め、ここでたたき上げられました!

コンクリートのガラ出し、スコップでの穴掘り、アスベス除去、夜間工事の搬出入、現場清掃、塗装研磨、コア抜き、軽天屋、貼り屋、解体屋、荷揚げ屋、土工、鍛冶屋、鉄骨屋、鉄筋屋、型枠屋、アンカー屋、鳶、足場屋、、、土と埃と汗に紛れ、毎日筋肉痛と闘いながら体で現場を覚え、フリーランスの時には現場監督や耐震調査などさせて頂きました。

あてもなく、身寄りもなく、お金もない僕を会社の皆さんが弟のように可愛がってくれ、特に社長は、大学卒業したての僕に本社の改修や店舗を任せてくれたり、家族ぐるみでも京都の食、お酒、粋を穴場の穴場まで教えて下さった恩人です。

その方の本業?の現場監督理論は別格で、今までにそれを超える監督さんに出会ったことがありません。現場の情報整理が早く、決断にユーモアがあり、職人さんにフランクで、指示にはひと笑い入れ、流すとこは流し、詰めるところは詰め、重要なポイントを突く。得意の話術でお偉いさんを虜にし、職人さんにはアイスや飴を配り、ミスのリカバリーは柔軟で、そもそも固定観念がない。何より現場が笑顔で動く。そんな監督さんでした。

よく二人で現場を管理したり、旅仕事では一緒にレオパレスに泊まったりと、私の現場管理の師匠であり、私の現場管理論はほとんどこの方の影響です。

もうビックリやら動揺やら感謝やら!!!パニックでしたが、嬉しかったです。ありがとうございます。今日も頑張ります!


127回の閲覧